ソープランド同好会~ソープランドでよくあるトラブルを紹介!~

当サイトのコンテンツは成人向け表現が含まれております。18歳未満の方はこちらから退出してください。

ソープランド同好会TOP>ソープ初心者のためのシステム・ルール・マナー>ソープランドでよくあるトラブルを紹介!!

お酒を飲んで酔っ払った状態でのトラブル

お酒を飲んだ状態でソープランドで遊ぶことがあるかもしれません。あるいは、ソープランドでお酒を提供されることもあります。
お酒を飲んでしまうと、さまざまなトラブルが起きてしまう可能性があるため注意しましょう。特に酒癖の悪い人がソープランドでお酒を飲んでしまうと問題のある行動を起こす可能性が高まります。

たとえば、お酒を飲んでソープランドでよくあるトラブルを紹介!人がいるのです。その結果、プレイ中に女性に危険な行為をしてしまい相手を傷つけてしまうというトラブルがあります。
このような事態になると大変なことになります。お店のルールを破ったことになってしまい、賠償金を請求されるかもしれません。ひどい場合には警察沙汰になってしまうこともあるのです。

お酒を飲んで吐いてしまうというケースもあります。もし、お店を汚してしまうと弁償しなければいけない場合があります。あるいは、そのソープランドを出禁になってしまうこともあるのです。

お酒を飲んだことで性欲が落ちてしまうこともあります。たとえば、勃起しなくなってしまうことは多いです。せっかく高いお金を払ってソープを利用したのに、肝心のエッチなことができないのではもったいないです。

このようにお酒に関するトラブルが起きることがあるためソープを利用するときは注意しましょう。

盗撮や盗聴行為

ソープランドで絶対にしてはいけない行為が盗撮と盗聴です。盗撮や盗聴行為をしてしまうと警察を呼ばれてしまうことが多いです。犯罪行為であり、法律に違反しているため、最悪の場合は懲役刑になってしまうこともあります
。実際には示談金で解決するというケースが多いです。その場合でも数十万円の示談金を請求される可能性があります。 警察沙汰になってしまうと、あなたがソープランドで盗撮や盗聴行為をしたことが周囲にバレてしまうかもしれません。社会的な信用を失ってしまうのです。このようにさまざまなリスクがあるため、盗撮や盗聴は絶対に避けましょう。

盗撮や盗聴をしてもバレないと考える人がいるかもしれません。しかし、プロのソープ嬢はあらゆる事態を想定してサービスを提供しているものです。
そのため、常にカメラやマイクなどが設置されていないのか気を配っています。部屋の中に見知らぬものが設置されていれば、すぐに調べるでしょう。また、プレイ中に男性がカメラを意識するような行動を取れば、ちょっとした不審な態度からすぐにバレてしまいます

実際にソープランドで盗撮行為が発覚することは珍しくありません。そのため、お店側はかなり警戒していると考えましょう。これからソープランドで遊ぶときには、ルールをきちんと守ってください

ストーカー行為

ソープ嬢に対してストーカー行為をすることは禁止です。ソープランドではとても可愛い子や美人な子とエッチなプレイができます。かなり濃厚なプレイも楽しむことができるため、ついソープ嬢に恋をしてしまう男性も少なくありません。
しかし、ソープ嬢はあくまでもサービスとしてお客さんに接していることを忘れてはいけないのです。そのことを忘れてソープ嬢にのめり込んでしまうとストーカー行為に走ってしまう可能性があります。

たとえば、ソープ嬢が仕事を終えてお店から出てくるのを男性が待つというケースがあります。いわゆる出待ちという行為ですがこれは禁止されています。単に挨拶をするだけであっても禁止であり、バレてしまえば出禁になる可能性が高いです。
ましてやソープ嬢が帰宅しているときに後をつけて住んでいる場所を突き止めようとする行為など、絶対にしてはいけません。これは完全にストーカー行為であり、バレてしまえば大変なことになるでしょう。警察を呼ばれる可能性があり、条例違反となることもあります。

基本的にソープ嬢とのプレイはあくまでもお店の中でのサービスであることを自覚しましょう。本気で特定のソープ嬢に入れ込みすぎないように注意してください。

本物のソープ嬢のホンネが聞けるサイト

風俗Q&Aドットコム
ページ上部へ