ソープランド同好会~ソープランドの歴史について~

当サイトのコンテンツは成人向け表現が含まれております。18歳未満の方はこちらから退出してください。

ソープランド同好会TOP>ソープランドとは?>ソープランドの歴史について

ソープランドの歴史について

ソープランドと言えば風俗の王様と呼ばれていますが、現在の名称は1980年代以降に定着したものでそれ以前は「トルコ風呂」と呼ばれていました。

風俗自体は人類の歴史が始まって間もない時代からありましたが今日のソープランドの原型となったのは1900年代に入ってからアジア圏で多くみられた蒸し風呂でのアカスリサービスが元とされています。それが日本に伝わり1951年に東銀座にオープンした東京温泉が日本のソープランド一号店とされています。

ソープランドはおよそ15年で約700店舗に拡大

その後順調に数を増やしたソープランドは1958年には全国で100店舗を超えていたと言われておりさらに1966年に初めて国が正確な実態調査をしたところその数は全国で706店にもなると判明しました。その後も順調に数を増やしたソープランドですが近年は規制の強化と性風俗の多様化の影響で徐々に数を減らしてきています。

さて、トルコ風呂の名称が何故ソープランドに変わったかというと当時日本に留学に来ていたトルコ人学生が自国の名称を性風俗の名称にされる事に対する抗議を厚生労働省に申し入れたことにより名称に関して問題視されるようになり東京都特殊浴場協会が新しい名称を公募して現在のソープランドという名称に定着したという歴史があります。

本物のソープ嬢のホンネが聞けるサイト

風俗Q&Aドットコム
ページ上部へ