当サイトのコンテンツは成人向け表現が含まれております。18歳未満の方はこちらから退出してください。

ソープランド同好会TOPソープランドとは?ソープランドの繁忙期と閑散期

繁忙期

ソープランドは1年の中に繁忙期と閑散期があります。それではソープランドの繁忙期はいつかといえば、1月と5月、8月、12月とされています。

1月は年始の時期であり、多くのお客さんがソープを利用します。年の始めということで、財布の紐がゆるくなる傾向にあるからです。大型連休があり、家にいてやることがない男性がソープを利用することがよくあります。どんなお店も多くの利用者がいて、女性キャストが足りなくなることもあるほどです。

5月にはゴールデンウィークがあり、大型連休中はソープランドが繁盛します。この時期には旅行する人が多いため、新しい土地で風俗を利用しようと考える男性も多いです。せっかくの休みに楽しい時間を過ごすためにソープで遊ぼうとする人がたくさんいます。

8月は夏休みの時期であり、ボーナスを支給している会社も多く、リフレッシュするためにソープで遊ぶ人は多いです。旅行者はたくさんいて、お盆に帰省する人もたくさんいます。暑くてイライラしてる人も多く、スッキリするためにソープへ足を運ぶ人が増えるのです。

12月は1年の中でも特にソープが忙しくなる時期といえます。冬のボーナスが支給される時期であり、クリスマスや忘年会などがあって開放的な気分になりやすい時期です。年末には長期休暇を取得する人も増えます。財布の紐がゆるくなりやすく、1年の締めくくりとしてソープで遊ぶ人もいるのです。この時期に彼女がいないと寂しい気持ちになりやすいため、寂しさを紛らわすためにソープへ足を運ぶ人もいます。

このように基本的に長期休暇のあるシーズンでは浮足立つ人がたくさんいて、気持ちが開放的になり、ソープへ足を運ぶ人が増えるのです。繁忙期で多くのお客さんを確保することができるため、これらの時期にだけお店で働くという人もいます。レベルの高いソープ嬢が出勤する可能性が高まるため、繁忙期のソープランドに注目してみましょう。

ただし、繁忙期になるとランキング上位のソープ嬢の予約はすぐに埋まってしまいます。自分が気になっているソープ嬢やお気に入りのソープ嬢をなかなか指名できなくなるため注意してください。

閑散期

ソープランドが暇な時期は2月と6月、9月です。2月はソープランドに限らず全体的にどのようなお店もあまりお客さんが来ない時期とされています。これは年末年始に多くのお金を使った人が多いため、出費を抑えようと考える人が増えるからです。たとえば、キャバクラやバーなどもお客さんが減ります。

6月は日本全国で梅雨の時期になり、天候が悪くなりやすいです。そのため、あまり出歩かないという人が増えます。あまり雨の日にソープを利用しようと考える人はいないのです。ただし、6月でも公務員はボーナスが支給される時期のため、完全に暇というわけではありません。

9月は台風シーズンであり、天候が悪くなりやすいです。台風で出歩くのを控える人が増えるため、ソープランドを利用するのを控えます。また、夏に散財する人がたくさんいるため、9月は出費を抑えようという人が増えやすいです。

このように2月と6月、9月はあまりソープランドを利用する人がいません。利用者が減るため、この時期にソープランドで働こうとする人もあまりいないのです。ソープランドは出稼ぎをする人や短期的に働く人もたくさんいます。そのような人は忙しい時期を狙って働きに来るケースが多いため、閑散期のソープランドはソープ嬢のレベルが低くなる傾向があるでしょう。

ただし、閑散期であっても多くのソープ嬢は出勤しています。これらの時期であれば、普段は指名できない人気嬢を指名できる可能性も高まるでしょう。ソープランドが暇な時期に遊びに行った方がソープ嬢に自分の存在をアピールすることにもつながります。あえてソープランドが暇な時期に遊びに行くのも良いでしょう。この時期に利用してくれるお客さんは貴重な存在のため、質の高いサービスを受けられる可能性があります。

ページ上部へ