ソープランド同好会~お客が責める場合の注意点~

当サイトのコンテンツは成人向け表現が含まれております。18歳未満の方はこちらから退出してください。

ソープランド同好会TOP>ソープランド女の子への接し方>お客が責める場合の注意点

お客が責める場合の注意点

ソープランドで楽しくプレイをするときに当然、嬢に責めてもらうだけでなくお客さんの方から嬢を責めることもあると思います。せっかく二人で恋人のようにいちゃいちゃしているのですから女の子側にも気持ちよくなってほしいと思いますよね。

しかし、気をつけておかないと嬢が嫌がって最悪次回以降の利用NGにされてしまうこともありますので注意が必要です。本記事ではそんな女の子を責めるときに注意すべきポイントをお伝えします。

よくAVを見ていると男優が女優に激しい手マンをしたりおっぱいを鷲掴みにしているシーンが多いですが、あれはプロ同士がきちんと打ち合わせや準備をしたうえで行っている行為なので、素人が真似すると確実に嬢に痛がられてしまいます。少々の痛みなら嬢は我慢して気持ちいいふりをしてくれるかもしれませんが、それは二人で気持ちよくなるという本来の目的とは程遠いものになってしまいます。

ですから実際に嬢を責めるときは必ず最初は力を入れずに優しく触れることを心掛けてください。
そこで嬢の反応を見ながら大丈夫そうなら少し手マンする速度を速めてみたりするようにしてください。 決していきなり高速手マンしたりしてはいけません。

嬢と会う前に爪をチェック

これは女性とプレイをする予定があるときには常にチェックすべきポイントです。 あなたの指の爪はちゃんと短く切りそろえられていて、やすりで整えてあるでしょうか。

もしまだならプレイを開始する前に必ず爪の手入れをしてからプレイに入りましょう。男女問わず性器はデリケートなものです、女性の膣に指を入れる際に爪が伸びているとそれだけで女性が痛がったり最悪膣に怪我をしてしまいます。

男性が女性にフェラしてもらう時に女性の歯が当たると痛くなるのと同じ理屈です。 ですのでプレイ前の爪の手入れは欠かさないようにしてください。
もちろんそれに伴い体全体で清潔感を保つように身なりを整えることも女性が安心してプレイをできるポイントになりますのでしっかりと確認しておきましょう。

本物のソープ嬢のホンネが聞けるサイト

風俗Q&Aドットコム
ページ上部へ